• RETISSAチーム

体験者インタビュー第8回 銅メダリスト曰く、「ああ、久しぶりに物を見たなぁ」※English follows 

最終更新: 1月22日

 RETISSAシリーズ(民生機器)(以下RETISSAと略す)の網膜投影技術をご体験いただいた方に、その感想を伺うインタビューシリーズ。第8回は、2004年アテネパラリンピックの、男子 400m 自由形リレー(視覚障害 49P)において銅メダル、さらに400m メドレーリレー(4 位)、100m 平泳ぎ(4 位)、100m バタフライ(8 位) と3種目で入賞という輝かしい記録をお持ちの、杉内周作様にお話を伺います。

ご協力いただいた方

お名前:杉内周作様(40歳代)

ご経歴:

・富士通株式会社 東京オリンピック・パラリンピック推進本部

・一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟 理事 

・関東身体障がい者水泳連盟 理事

・日本水泳連盟 アスリート委員会 委員 などを歴任   (2020年10月現在)

眼の状態:網膜色素変性症


ご体験いただいた製品:RETISSA Display II


―経歴を聞かせてください。

 愛知県出身です。小学生の時水泳を始めました。得意種目は平泳ぎです。中学・高校の水泳部に所属し、スイミングスクールにも通っていました。中2の頃が一番伸びたと思います。高校卒業後も仲間とマスターズ水泳の大会に出ていました。

 地元の会社に就職し、車で営業する仕事をしましたが、網膜色素変性症と診断されて生活が大きく変わりました。2000年のシドニーパラリンピックをテレビで見たことをきっかけに、障がい者水泳の競技生活を始め、アテネパラリンピックを目指すことになりました。競技水泳を引退してからは障がい者水泳チームのコーチをしながら、後輩の指導育成を行っています。

―眼の疾患についてお聞かせいただけますか。

 網膜色素変性症と分かったのは、車で営業していたころです。見え方については特に深刻な問題は感じていませんでした。視野の真ん中は良く見えていて眼鏡をかければ視力は1.5出ましたし、裸眼で運転免許も取得できていましたので。ところが職場の駐車場で運転中に、何度か他の車に擦ってしまいました。上司から冗談半分に、「見えてないからだ。眼科へ行け。」と言われるままに眼科を受診したところ、網膜色素変性症と診断されました。26歳でした。網膜色素変性症のことを全く知らなかった私は、お医者さんに「視野が徐々に狭くなってきて、最終的に見えなくなるケースもある。車の運転はやめてください。」と告げられ、ショックでした。

 子供の頃を思い返せば、野球やサッカーなど球技は普通にやって下手くそでしたね(笑)。暗い所も苦手でした。学校の視力検査で引っ掛かり、大学病院で視野検査したこともあったので、「自分は眼が弱いんだな」とは思っていました。また、いつだったか学校の保健体育の授業で、人の視野は約180度と教わり、自分の視野をはかったら60度程度しかなかったということがありました。そのとき先生は、「個人差はあるよ」おっしゃいましたので、「個人差なんだ」と思っていました(笑)。

日常生活について聞かせてください。困っていることはどんなことですか。

 仕事は、パソコンで文章を読んだり書いたりすることが多いです。画面を見る時間が長く、疲れるので、余暇には文字を読む気力はなくTVゲームをしたりします。ゲームの時は画面が大きすぎると見づらいので、50インチくらいの画面のテレビを使っています。

本を読むことはあきらめていますね。以前よりは本を読みたいという欲求が強くなってきていて、実際に本を買ってきたのですが、途中でやめてしまいました。見るのが「面倒くさく」なってくるのです。(※1)

 講演や水泳教室の指導などで外出するときは、白杖をついて、公共交通機関で出かけます。あらかじめ地図で調べて、一人で出かけますが、渋谷駅乗り換えなど込み入ったところでは、近くにいる人に道案内をしてもらうこともあります。Googleマップで案内をもらうことが多くなりましたが、コントラストが低いので、建物と道の区別がつかず、文字も拡大できないので、とても見づらいです。改善してほしいと思っているのですが、なかなか伝わらないんです。オリジナルのシンプルな地図の方が見やすいです。

 視野の中心は良く見えていたのですが、最近は見えている部分が少し見えづらくなってきています。

―日ごろお使いの補助具は何ですか。

 富士通のタブレットを使っています。ぱっと出された書類を見るときなどは、タブレットを取り出して写真を撮り、拡大して見ます。タブレットは、持ち運びに便利で、使用方法も簡単なので重宝しています。スマホを同様に使うこともあります。眼鏡や拡大読書器・ルーペなどは使用していません。

―杉内様は、8月3日に弊社が能楽堂で行った、RETISSAを使って能と狂言を鑑賞する

イベントに参加してくださいましたが、その時のことを聞かせてください。

 舞台のライトの当たっている明るい部分は裸眼でも見えました。演者の髪の色や、どんなことをしているかは分かります。RETISSAをかけると、それがくっきり見えました。目の前の小さいテレビがはっきり見えているという感じです。すると、もっと見たいという欲求がわいてきて、手元のスマートフォンで操作し拡大して見たりしました。(※2)

―RETISSAを使ってのご感想をお願いします。

 初めてRETISSAを渡されたとき、私はせっかちなので、「はいはい」とすぐにかけちゃったんです。まだ、テスト動画の用意ができていなくて、Windowsパソコンの初期画面が映っていたのですが、これに感動しました。以前見えていたものが、久しぶりに『くっきり』見えた。心の中で「ああ、久しぶりに物を見たなぁ」と思いました。靄が晴れたというか、2~3日ぶりに歯を磨いたみたいな(笑)すっきり感がありました。今はRETISSAのデモ機を毎日使っているので、慣れてしまいましたが。



―カメラ付きRETISSAのデモ機を使ってのご感想をお願いします。

 主に紙の文章を読むときに使っています。雑誌を読むときや、郵送されてきた資料、例えば、税金の資料とか、保険の資料とかを読むときに重宝しています。ハンズフリーで且つカメラがオートフォーカスで、見たいものを見られるのが便利です。

―RETISSAの今後にどのような期待をお持ちでしょうか。

 カメラ付きRETISSAの完成を楽しみにしています。(※3)

 RETISSAがどの程度助けになるかは、疾患によって、またその程度によって異なると思うので、多くの人が試せるようになるといいと思います。

 僕は、障がいを本当の意味で「克服」できた人はこの世に一人もいないと思っていますが、RETISSAは眼に障害があると診断されてショックを受けた人が立ち直る、手助けになると考えています。たとえ眼が悪くなっても、こういう道具を使えば元の生活に近い生活が、100パーセントでなくても得られると分かれば、そして同じ障がいを持つ仲間と繋がれれば、生活向上の最初の一歩を踏み出せると思います。網膜色素変性症は進行性の病気なので、悪くなっていくことを受け入れなくてはならない。進行について諦めに近い覚悟をしていましたが、最初にRETISSAをかけた時にWindowsの画面を見られた感動は忘れられません。

―ありがとうございました。

※1:早速、タブレットやスマホの電子書籍を読むことができる、最新RETISSA Display IIをお使いいただくことにしました。詳しくはこちらを参照ください。

※2:能楽堂のイベントでは、舞台をテレビカメラで撮影し、その信号を客席にあるスマートフォンを通してRETISSA Display IIに送り、ご覧いただきました。

※3:RETISSA Display IIのアクセサリーカメラは、今春の商品化を目指しています。


*個人の感想です。見え方には個人差があります。

*RETISSAメディカルをのぞくRETISSAシリーズは医療機器ではありません。特定の疾患の治療や補助、視力補正を意図するものではありません。

*網膜投影技術の詳しい仕組みはこちら


第7回はこちら  第9回はこちら



RETISSA User Experience no. 8: A bronze medalist says “Wow, I haven’t seen things like this for a long time”

In the 8th edition of an interview series with individuals who actually tried using the RETISSA device, we had the honor of speaking with a 2004 Athens paralympian who has a brilliant record of winning a bronze medal in the men’s 400M freestyle relay (visual impairment 49P), came in 4th with the 400M medley relay team, 4th in the 100M breaststroke, and 8th in the 100M butterfly, Mr. Shusaku Sugiuchi.

Featured User

Name: Mr. Shusaku Sugiuchi (40s)

Notable Positions:

· Fujitsu Limited - Tokyo Olympic and Paralympic Promotion Headquarters

· Director of Japanese Para-Swimming Federation

· Director of Kanto Swimming Federation for the Disabled

· Athlete Committee Member of Japan Swimming Federation

Eye Condition: Retinitis Pigmentosa       The Present (Oct, 2020)

- Please tell us about your career.

I am from Aichi prefecture. I started swimming in elementary school. My best event is breaststroke. I was on a swimming team in middle school and high school, and I also went to swimming school. I think I improved the most in my 2nd year of middle school. Even after graduating high school, I swam in a Masters competition with my friends.

I got a job working for a local company doing sales and marketing by car, and then I was diagnosed with retinitis pigmentosa and my life changed dramatically. After watching the Sydney Paralympics in 2000, I began the competitive life of swimming as a disabled person, and set my sights on competing in the Athens Paralympics. After retiring from competitive swimming, I now coach a swim team for the disabled, and provide guidance and training for my athletes.

- Can we ask you about your eye condition?

I learned that I had retinitis pigmentosa when I was using a car while I was working. Until then I did not have any serious trouble seeing. I could see well in the middle of my field of vision, and if I wore glasses, my vision was 20/13, and I was even able to obtain a driver’s license without glasses. However, as I was driving through the garage at work, I rubbed into other cars several times. Half-jokingly my boss would say, “It’s because you can’t see. Go to an ophthalmologist.”, and when I went to see an ophthalmologist, I was diagnosed with retinitis pigmentosa. I was 26. I didn’t know anything about retinitis pigmentosa, so when I was told by my ophthalmologist, “Your field of vision will gradually grow narrower, and in some cases you will become completely blind. Please stop driving.”, I was shocked.

When I think back to when I was a kid, I wasn’t very skilled at ball games like baseball or soccer, etc. (laugh). I also didn’t like dark places. When I was caught during a school vision test and had to go to the university hospital for a vision examination, I remember thinking “I have weak eyes.” Then, one day in a school PE class, we were taught that a person’s field of view is about 180°, and when I measured my own vision, it was only about 60°. At that time, my teacher said, “there are individual differences”, so I just thought, “It’s an individual difference.” (laugh).

- Can you tell us about your daily life? What are things you struggle to do?

At work, I often have to read and write by PC. I spend a long time in front of the screen and get tired, so in my free time, I don’t feel like reading and play video games on the TV. When the screen is too large, it’s difficult to see, so I use a TV screen that’s about 50 inches. I’ve given up reading books. My desire to read a book has grown larger than in the past, but when I actually bought a book to read, I had to quit halfway through. It became too troublesome to look at it1.

When I go out to give a lecture or coach a swimming class, I use a white cane and public transportation. I look up directions using a map in advance and go out alone, and in really crowded places where I have to transfer, like Shibuya station, etc., I ask a person nearby for directions. More and more, directions are given by Google Maps, but the contrast is low, and I cannot differentiate buildings from streets nor enlarge letters, so it’s difficult to use. I often think that I want them to improve this, but I can’t quite say it. The original simpler maps are easier to see.

I was able to see well in the middle of my field of vision, but recently parts of it have become slightly difficult to see.

- What kind of assistive gear do you use on a daily basis?

I use a Fujitsu tablet. When there are documents that I need to look at, I whip out the tablet, take a picture and enlarge it. The tablet is very useful as it is easy to carry around and easy to use. Sometimes I use my smartphone in the same way. I don’t use glasses, video magnifiers or a magnifying glass.

- Mr. Sugiuchi, on August 3rd, you took part in a noh event held by our company, and using the RETISSA, you were able to watch noh and kyougen performances. Can you tell us about that experience?

I was able to see the portion on the stage that the lights illuminated with my naked eye. I could see the performer’s hair color and what they were doing. After putting on the RETISSA, I could see all of that clearly. It was like seeing a small TV clearly right in front of me. Doing so made me want to see even more, so I pulled out my smartphone and enlarged it further2.

- What was your impression of the RETISSA device?

When I was first passed the device, I was impatient, and put them on immediately, saying, “yes, yes.” The test video had not been prepped, and all I could see was the initial Windows PC screen which blew me away. What I had seen before, I could see so clearly, in a way I hadn’t seen in so long. I thought to myself, “Wow, I haven’t seen things like this for a long time.” It was like the haze cleared, and I felt a crisp feeling as if I had brushed my teeth for the first time in 2-3 days (laugh). Now I use the RETISSA demo device every day and I’ve become quite used to it.

- What are your impressions of using the camera-equipped RETISSA demo device?

I mainly use it to read words on paper. When I read magazines, documents sent in the mail, for example, tax documents and insurance documents, it is very useful. It’s hands free and the camera can auto-focus, so it is very convenient to see what I want to see.

- What are your expectations for the RETISSA from now on?

I’m looking forward to the completion of the camera-equipped RETISSA3.

I think that the level of assistance that the RETISSA provides differs depending on the eye condition and the severity of the condition, so I hope that many people can try it out.

I don’t think there is a single person in this world that has truly overcome their disability, but the RETISSA helps people who have been diagnosed and shocked by a disability to recover. For example, even if your eyes are poor, if you can understand that by using this device, you can return to a quality of life close to your former quality of life, even if it’s not 100%, and then if you can connect with a friend with the same disability, you can take your first step forward in improving your life. Retinitis pigmentosa is a progressive disease, so you must accept that it will only get worse. I was prepared to give up on making any progress, so I’ll never forget my amazement seeing the Windows screen the first time I used the RETISSA.

- Thank you.

1When he used the new RETISSA Display II, he was immediately able to read using a tablet and an e-book. For more details, read here.

2At the noh theater event, the stage was projected by a signal from a video camera to a smartphone at the user’s seat which was streamed into a RETISSA Display II through which the user could see.

3The RETISSA Display II accessory camera will launch at the end of the year.

Ø These are the impressions of the individual. There may be individual differences in vision.

Ø Except for the RETISSA Medical, the RETISSA series is not a medical device. It is not intended for use to improve, supplement or treat a condition.

RETISSA Display • RETISSA User Experience

326回の閲覧0件のコメント
QD_LASER_logo_B+s.png

お問合せ

retissa@qdlaser.com

.

    ©2020 by QD Laser, Inc.